モリシタ信頼のマーク
  • HOME
  • 高温用ガス炉(ファインセラミックス用)

デュポー式高温用ガス炉(ファインセラミックス用)

DUPEUX TYPE HIGH TEMP.GAS KILN(FOR FINE CERAMICS FIRING)

弊社は、高温焼結炉の研究を1964年(昭和39年)に始め、1966年にアルミナを主成分とするニューセラミックス用として、弊社としての第1号を業界に納入致しました。
以来、改良を続けながら、1980年代以降は現在までファインセラミックス用として納入実績を上げております。
現在は、高品質及び精度の高い製品、特に大型の製品(外形や肉厚等が大)の焼結の為に、より高性能な高温焼結炉が要求されます。
そこで数年前より、それまでの空気とガスの比例燃焼方式に代わり、超低温域は一層ゆっくり焼成出来、それ以降は過剰空気により炉内を攪拌(かくはん)させ、炉内温度分布をより均一に近づける過剰空気燃焼方式(基本的に空気圧は一定でガス圧を調整)を取り入れ、各ユーザーの皆様方にご好評を頂いております。


  • デュポー式
    高温用ガス炉(1.0m³)

  • デュポー式
    高温用ガス炉(3.0m³)

  • 製品出し入れフォークリフトと
    製品仕込台

  • 自動焼成
    制御装置
基本最高温度 1650℃
※内部レンガ変更及び酸素などを炉内に打ち込むことにより最高温度を上げることが可能
有効炉内容積 0.1m³~6.0m³(納入実績容積)
主な焼成(焼結)品 ファインセラミックス(アルミナ・ジルコニア主成分)
燃料 L.P.G.(プロパンガス)/L.N.G.(都市ガス)/ブタンガス

主な特徴及び性能

ファインセラミックスの焼成(焼結)で最も重要視される事は製品焼成(焼結)後の精度と均一性です。これは、デュポー式高温用ガス炉の下記の特徴・性能により全て実現されます。

【A】 特徴
製品出し入れをフォークリフトで行う為、炉内が完全密封になり、炉内圧力が均一になります。
更に、ガスとエアーの比例燃焼ではなく、特殊エクセスエアーバーナーによる過剰空気燃焼方式(弊社新方式)により炉内温度が均一になります。
また、大きな焼成品にも最適であり実績があります。
※台車式の場合も、上記の特徴と同じになる様な工夫がされています。
【B】性能
(1)過剰空気燃焼により炉内攪拌(かくはん)を行いますので、高温度域だけではなく、超低温度域・脱バインダー温度域・中温度域においても炉内温度の均一が可能になりました。
(2)燃焼中は、各温度域においてエアー圧力(量)を一定にし、ガス圧(量)のみのコントロールを行いますので、炉内圧力を変化させずにプログラムによる温度コントロールが可能。従って、炉内温度の均一化を促進します。
(3)超低温度域・脱バインダー温度域では、ガスのON・OFF燃焼(エアーのみは打ち込む)を行う事が出来ますので、一層プログラムに沿った燃成ができます。
 お気軽にお問合わせ下さい。
   

FAX及びお手紙等のご送付先は、お問合わせ先のページをご覧下さい。

愛知県尾張旭市庄南町三丁目10番地9(〒488-0823)  TEL:052-771-8483/052-771-8485

©MORISHITA-KOGYO Co.,ltd All Rights Reserved.